自動契約機の審査

キャッシングやカードローンの申し込み方法の1つである自動契約機は、インターネットや電話を利用して申し込みをするよりも早く現金の受け取りができ、誰かと顔を合わせる必要もないので、急ぎの人には人気の高い申し込み方法となっています。

 

自動契約機に入室し、タッチパネルで個人情報を入力すると、オペレーターから改めて質問をされます。ここで、タッチパネルで入力した内容と本人の回答が異なっていた場合、警戒されてしまうことになるので、注意しましょう。

 

自動契約機での審査の所要時間は大抵15分程度です。しかし、混雑していたり、審査が難航したりするとこれより多くかかることもあります。特に、会社の終業後であるなどの理由で在籍確認が取れない場合に時間が多くかかります。

 

在籍確認とは、申し込み時に入力された勤め先に申し込み者が本当に勤務しているのかをチェックすることです。この在籍確認は、業者の担当者が申し込み者によって入力された勤務先に電話をかけ、在籍しているかを確認するので、電話が繋がらないと確認が取れません。

 

ですが、在籍を示す社員証や社会保険証などを提示すれば、勤務先へ電話をかけずに在籍確認とされる場合もあります。また、申し込み時に入力された内容と本人確認書類に記載されている情報が一致していない場合や、メモを見ながら申し込みをしていた場合など、不審に思われる点があると審査が通常よりも慎重になり、時間が多くかかることがあります。

 

それ以外にも、他社からの借り入れが多い場合や、過去に返済が遅れたことがあった場合、借り入れを希望している金額が50万円を超える場合も審査に時間がかかるケースです。審査中は基本的に、途中から別人に代わったなどのトラブルを避けるため、自動契約機の外に出ることはできません。

 

インターネットで事前に申し込みまで済ませておくと、待ち時間なく自動契約機で契約することができるので、審査が終わるまで待たされるのが嫌だという人はこの方法を検討するとよいでしょう。